Haiti

Most of the participating kids are currently living in tents on the street in Rue Vaillant, Lalue, a middle class neighbourhood, next to regular homes that survived the earthquake. They’ve been living like this for 19 months since the January 12th, 2010 earthquake. That’s probably the main reason for the recurring image of a house in their dreams, although a 16-year-old girl said she wants to be a journalist, a lawyer or a singer.  An 11-year-old wanted to be President of the United States and another wanted to be President of Canada!

2011年11月、ポルトープランスで開催された最初のワークショップで描かれた絵です。これらを描いた大多数の子供たちは、地震で残った中産階級の家々のあるラル―地区バイラント通り沿いにテントを張って暮らしています。前年の1月12日に起きたハイチ地震から19ヶ月がたってもテント暮らしをしているためでしょうか、ある16歳の少女は将来ジャーナリストか弁護士、または歌手になりたいとは言っていても、みんなの「夢」の絵の中には繰り返し「家」が描かれています。そして、ある11歳の女の子はアメリカ大統領に、また違う子はカナダの大統領になりたいと言っていました。

Nov. 2011 Haiti, Port-au-Prince